グループメールサービス利用規約

第1条 はじめに

  1. 株式会社有明ねっとこむ(以下「当社」といいます。)は、グループメールサービス(以下「本サービス」といいます。)利用規約(以下「本規約」といいます。)を定め、本サービスを提供致します。
  2. 本規約は、本サービスの利用条件を定めるものです。契約者は、本規約に従い本サービスを利用するものとします。
  3. 契約者は、本サービスを利用することにより、本規約の全ての記載内容について同意したものとみなされます。
  4. 本規約は「グループメールサービス利用規約に関する特約」(別紙)を含むものとします。
  5. 本規約と特約の記載事項が重なっている場合には 、特約の内容が優先して適用されます。

第2条 用語の定義

本件規約における各用語の定義は以下のとおりとします。
  1. 「本サービス」
    当社が運営するグループメールサービス(ASP型メール配信サービス)
  2. 「本サイト」
    当社がグループメールサービスを提供するインターネットサイト
  3. 「契約者」
    本規約を承諾の上、本サービス利用の申込みを行い、その利用が認められた組織や団体
  4. 「利用者」
    契約者が情報配信を受け取ることを認めたメール受信者
  5. 「登録メールアドレス」
    本サービスの情報配信を受ける目的で、利用者が本サービスに登録したメールアドレス情報
  6. 「契約者ID」
    契約者が本サービスを利用するに当たって、本サイトにてパスワードと照合して契約書を識別するための文字列
  7. 「パスワード」
    契約者が本サービスを利用するに当たって、契約者IDと照合して契約者を識別するための文字列

第3条 サービスの目的

本サービスは、契約者から利用者への情報配信を目的に利用することが出来ます。

第4条 個人情報の保護

当社は、本サービスの提供にあたり知り得た登録メールアドレスを始めとする個人情報について、当社が別途定める個人情報保護方針に基づき、適正に取り扱うものとします。

第5条 利用の承諾

当社は、次の各号のいずれかに該当する場合は、当社の判断によって、入会申込者の入会を承諾しないものとします。
(ア) 学校を始めとする教育機関に無関係の個人や法人・団体
(イ) 不特定の人に大量のメールを送りつけることを目的とした、スパムメールを配信する恐れがある個人や法人・団体
(ウ) 本規約及び「グループメールサービス利用規約に関する特約」(別紙)に同意しない場合
(エ) その他当社が不適切と判断した場合

第6条 サービスの料金

  1. 本サービスの利用料金は、当社のグループメールWebサイトの利用料金表のとおりとします。
  2. 利用者は、個別に定める支払期日までに本サービスの料金を支払うものとします。
  3. 本サービス利用料金について、支払期日を経過しても支払いがない場合には、当社は本サービスの提供を停止することができます。この場合、契約者または利用者が本サービスの制約を受け損害が発生しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 別段の定めがある場合を除き、既に支払われた本サービスの料金について返金等は一切行ないません。

第7条 サービスの期間

本サービスの期間は、利用契約が成立した月から1年間とします。契約者から契約解除の書面通知が無ければ、翌年以降も同一内容で契約を更新するものとします。

第8条 ログイン情報の管理

  1. 契約者は、当社が発行する契約者ID及びパスワード(以下「ログイン情報」といいます。)を漏洩させることなく厳重に管理するものとします。
  2. 契約者は、ログイン情報を貸与・譲渡するなどして、第三者に利用させてはならないものとします。
  3. ログイン情報の無権限使用・不正使用等に起因して当該ログイン情報を保有する契約者及び利用者に損害が生じた場合でも、当社は当該損害について一切責任を負わないものとします。
  4. ログイン情報の無権限使用・不正使用等に起因して当社に損害が生じた場合には、当該ログイン情報を保有する契約者は当該損害を賠償するものとします。
  5. 契約者は、ログイン情報の盗難があった場合または、ログイン情報を忘れた場合、ログイン情報を第三者に使用されていることが明らかになった場合は、直ちに当社にその旨を連絡するとともに、当社の指示に従うものとします。
  6. ログイン情報を、契約者以外の第三者が利用したことにより、契約者、利用者に損害が生じた場合でも、当社は当該損害について一切責任を負わないものとします。
  7. ログイン情報を、契約者以外の第三者が利用したことにより、当社に損害が生じた場合でも、当該ログイン情報を保有する契約者は当該損害を賠償するものとします。

第9条 利用環境の整備

  1. 契約者は、本サービスを利用するために必要な機器、ソフトウェア、インターネット回線等を自己の責任と費用において、適切に準備するものとします。
  2. 契約者は自己の利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を講じるものとします。

第10条 責任及び注意義務

  1. 契約者は、以下の注意義務を有します。
    (ア) 本サービスにおける自己のログイン情報について第三者に知られないために必要な措置をとること
    (イ) 第三者もしくは当社の著作権、肖像権、プライバシー権などの権利、及び利益を侵さないこと
    (ウ) 第三者、または、他の利用者がなりすまして本サービスを利用する行為を見つけた場合、速やかに当社まで連絡をすること
  2. 契約者は、自己の責任に基づき本サービスを利用するものとし、全責任を負うものとします。当社は契約者が本サービスを利用して配信した情報内容について、一切責任を負いません。
  3. 契約者は、自己の契約情報(電子メールアドレス、住所、電話番号など)が本サービスに届け出ている内容に変更が生じた場合には、速やかに当社に連絡を行うものとします。
  4. 当社の契約者に対する賠償責任の限度額は、契約者が当社に対して支払う1ヶ月分の利用料金を上限とします。なお当社は利用者に対する賠償責任は負わないものとします。

第11条 本規約違反行為等への対処

  1. 契約者が本規約に違反したと認められる場合、その他当社が必要と認める場合は、当社は当該契約者に対し以下の対処を講ずることがあります。
    (ア) 本規約に違反する行為等を止め、同様の行為を繰り返さないことを要求すること
    (イ) メール内容の自発的削除訂正を求めること
    (ウ) 当該契約者の強制退会処分
  2. 契約者は、当社が行った本規約に違反する行為等への対処について、異議を申し立てることはできないものとします。

第12条 サービスの中断及び停止

  1. 本サービスの提供に必要な設備の保守を定期的または緊急に行う場合、かかる設備に瑕疵もしくは不具合を含む障害が生じた場合、または地震、火災、洪水、停電その他非常事態が生じた場合、その他本サービスの一時停止・中断を当社が必要と認めた場合、当社は自らの判断により、本サービスの全部または一部の提供を中断または停止することができるものとします。
  2. 当社は、前項の規定により本サービスの提供を中断または停止する場合、本サイトへの掲示、その他当社が適当と判断する方法で、事前に契約者にその旨の通知を行うものとします。ただし、緊急時の場合にはこの限りではないものとします。
  3. 当社は理由の如何を問わず、本サービスの中断または停止によって生じた契約者及び利用者の損害については一切の責任を負わないものとします。

第13条 サービスの廃止

当社は、以下のいずれかに該当する場合、本サービスの全部または一部を廃止できるものとし、廃止日を持って利用契約の全部または一部を解約することが出来るものとします。
 (ア) 廃止日の1ヶ月前までに契約者に通知した場合
 (イ) 天災地変等不可抗力により本サービスを提供できない場合

第14条 本契約の解除

  1. 契約者は、契約更新月(契約最終月)に継続利用しない旨の書面による意思表示をすることにより解約申請をすることができます。解約の申請がない場合は、自動継続となり、料金の支払い義務が発生します。
  2. 契約者は、当社へ書面による解約申請を行うことで、解約希望日の月末日をもって、本契約を解約できるものとします。 ただし、第7条に定める期間内に解約を行う場合は、その残余期間に対する利用料金の全額を当社に支払うものとします。
  3. 契約解除後は、契約者は本サービスにアクセスすることが出来なくなります。必要な情報は契約解除前に契約者の責任において採取するものとします。

第15条 機密保持

当社は、本サービスの提供にあたり知り得た契約者、利用者等の情報について、本サービスの提供期間中はもとより本契約解除後においても、第三者に漏らしません。ただし、次の場合は行政機関に対して、契約者、利用者に事前に連絡することなく通知することができるものとします。
 (ア) 行政機関から要請を受けた場合
 (イ) 当社が必要と判断した場合

第16条 免責事項

    当社は、契約者が配信するメール内容やその活動に関与しません。万一契約者と利用者間の紛争があった場合でも、当該契約者と利用者間で解決するものとし、当社はその責任を負いません。

  1. 当社は、アクセス過多、その他予期せぬ要因でメール配信遅延や障害等が生じた場合の損害について、一切責任を負いません。
  2. 当社は、契約者によって配信されるメール内容を監視したり、保存する義務を負いません。
  3. 当社は、契約者によって配信されるメール内容の合法性、道徳性、信頼性、正確性について責任を負いません。また、メール内容が当該契約者が所属する法人・団体等の内部規則等に適合するか否かについても責任を負いません。

第17条 利用規約の変更

当社は、本規約を変更する場合があります。この場合、本サービスの提供条件等は、変更後の利用規約によるものとします。当社は、本規約の変更を行う場合、当社の指定するWebサイトに掲示する方法又は当社が適当であると判断する方法により公表いたします。

第18条 合意管轄

本規約に関する一切の紛争については、当社所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第18条 準拠法

本利用規約の準拠法は、日本法とします。

本規約は平成28年12月1日から施行します。
改定日:平成29年4月1日

 

開発元
株式会社有明ねっとこむ
代表取締役 納冨和由紀
〒 836-0843 福岡県大牟田市不知火町1丁目3番地10
Tel:0944-55-7331 Fax:0944-55-7380
Web:http://www.ariakeinfo.ne.jp

グループメールサービス利用規約に関する特約

第三者のサービス

 本契約に基づいて契約者へ提供されるサービスには、株式会社有明ねっとこむにサービスを提供する第三者(以下「第三提供者」という。)により開発、提供および維持をされているサービスを含む。契約者が、株式会社有明ねっとこむの提供するこれらのサービス(以下「第三者サービス」という。)にアクセスまたは使用する場合には、当該第三者サービスに関する利用約款及びプライバシーポリシーに合意しなければならない(これらを併せて以下「第三者サービス利用約款等」という。)。第三者サービスには、本契約の条項が適用されることに加え、全ての第三者サービス利用約款等の条項が随時適用される。本契約で定められていない限り、本契約の条項と第三者サービス利用約款等の条項に齟齬が生じた場合、第三者サービス利用約款等の条項が優先的に適用される。各第三提供者は、第三者サービスおよび第三者サービスを提供する為のソフトウェア、ハードウェア、テクノロジーおよびそれらに対する追加項目、改正、更新や変更に対する全ての権利を保持する。第三提供者は、第三提供者による第三者サービスを提供する限り、本契約上規定されている利益を受けることができ、契約者が本契約の条項に違反した場合、本契約上の権利を行使することができる。

保証

 契約者は、以下の項目に関し表明、保証、誓約する。
(1)契約者は本契約を締結する法的権利と地位を有する。
(2)契約者は、本契約に基づく義務を履行し、本契約および、本契約に基づき提供されるサービスに関連し契約者が適時別途に締結する契約に記述されている権利や資格を許諾する法的権利と地位を有する。
(3) 本契約に基づいて提供されるサービスに関連して、契約者によって提供されるデータ、情報、その他のコンテンツ(以下総称して「コンテンツ」という。) はすべて本契約条項に従う。

(4)契約者は本契約の条項に従い、本契約に基づいて提供されるサービスを使用する。

保証免責

 本契約に基づいて提供されるサービスに関する唯一の保証は、本契約に基づいて株式会社有明ねっとこむにより契約者に提供されると明示された保証に限られる。全ての第三者サービスは第三提供者による「現状有姿」および「利用可能な場合」に厳格に限定して提供されており、第三者サービスについては明示、黙示にかかわらず、また適法か否かにかかわらず、黙示商品適合性に関する保証、特定目的に適合する保証、権原保証、第三者に対する権利侵害を含むいかなる表明および保証を含まない。口頭、または書面による株式会社有明ねっとこむによる情報提供および助言については、なんら第三提供者の代理として、保証を生じさせるものではない。

補償

 契約者は株式会社有明ねっとこむ、第三提供者、第三提供者の関係者、被用者、代理人、契約の相手方、譲受人、使用許諾人、承継人(以下、総称して「被補償者」いう。)に対し、免責補償することに同意する。かかる免責補償は、契約者が本契約に基づいて提供されるサービスへのアスセスまたは使用から起因した場合、および本契約の違反の有無にかかわらず、かかるサービスにおいて電子メールまたはその他の交信手段(第三者サービスによる場合を含む。)により生成され送付された内容に起因する場合、すべての損害および費用(弁護士費用、裁判費用、損害賠償金、和解金を含む)が対象となる。

賠償責任の制限

 契約者は、本契約に基づいて提供されるサービスは株式会社有明ねっとこむのみが、責任を負うことに同意する。第三提供者は一切本契約に基づき提供されたサービス(第三者サービスを含む。)について責任を負わない。かかる株式会社有明ねっとこむの限定された責任には、本契約または第三者サービスに関して生じた、第三者サービスが利用できないことから発生する機会損失、商業に関して生じる機会損失、一切の取引上の損失または逸失利益を含む、いかなる間接的、偶発的、特別、懲戒、または懲罰的損害について、契約責任、厳格責任または不法行為責任(過失いかんを問わない。)かを問わず、かりに株式会社有明ねっとこむが、データの逸失、機会逸失、売上げまたは利益の損失、業務中断および代替商品やサービスの調達等を含む、かかる損害発生の可能性を事前に認識していたとしても、本条の責任の制限が適用される。本条における損害の制限が適用法によって許されない場合には、該当する法律によって許される最大限の免責範囲が適用されるものとする。

機密保持

 株式会社有明ねっとこむと第三提供者は本契約によるサービスの使用、運用に関連するデータ、情報を収集、抜粋、編集、統合および分析する権利を有する(以下「サービスデータ」という。)。株式会社有明ねっとこむや第三提供者によって収集されたサービスデータは収集した者が保有し、本契約に基づきサービスが提供される時点で存在する個人情報保護方針の対象となる契約者への報告義務なしに、合法的なビジネス目的のために使用されることがある。契約者は、本契約に基づいて提供されるサービスに適用される個人情報保護方針または本契約に記載されている、個人を特定しうるデータ、その他の情報の使用と開示について承諾する。

コンテンツ

 契約者は、コンテンツに関して責任を負う。契約者は、以下のコンテンツを提供すること、第三者に提供を許可すること、以下のコンテンツの提供を目的として本契約に基づいて提供されているサービスを使用することおよび第三者への使用許諾をすることはできない。
(a)第三者の知的財産権の侵害、不正使用、およびいかなる侵害行為
(b) 名誉毀損、未成年者に有害な内容、わいせつ、または児童ポルノを含む場合
(c) サービスに支障を与えるようなウイルスまたはプログラミングルーチンを含んでいる場合、またはデータや情報を不正に傍受または収集している場合
(d) 情報が虚偽、誤情報、または不正確である場合
株式会社有明ねっとこむおよび第三提供者は、コンテンツのいかなる削除、訂正、破棄、損害、損失、または保存、またはバックアップの失敗についての責任を負わない。株式会社有明ねっとこむおよび第三提供者は、コンテンツに関する違反行為があった場合には是正措置をとることができるが、株式会社有明ねっとこむおよび第三提供者はコンテンツの正確さや潜在的責任について審査をする義務を負わない。

使用許諾

 契約者は、本契約に基づいて株式会社有明ねっとこむおよび第三提供者がサービスを提供するために必要なすべてのコンテンツに関する権利及びライセンスを、株式会社有明ねっとこむと第三提供者に許諾する。契約者は、 全てのコンテンツのバックアップを適宜維持する。株式会社有明ねっとこむと第三提供者はコンテンツのいかなる削除、訂正、破棄、損害、損失、または保存またはバックアップ作成の失敗に対する責任を負わない。契約者は、株式会社有明ねっとこむと第三提供者が本契約または本契約に基づくサービスを提供するために必要なコンテンツの使用を許可するすべての必要な権利を契約者が有していることを表明および保証する。

Copyright © 2014-2015 AriakeNetcom,Inc.All Rights Reserved